ホーム > 介護業界最新ニュース 一覧 > 消防庁調査 社会福祉施設耐震率84.9%

消防庁調査 社会福祉施設耐震率84.9%

2017年3月31日(金) 配信
総務省消防庁は、「防災拠点となる公共施設等の耐震化推進状況調査」の結果を公表した。2015年度末時点の地方公共団体が所有または管理する防災拠点となる公共施設等の耐震率は90・9%で、前年度より2・6ポイント増加した。

施設区分では文教施設が97・2%で最も高かったが、社会福祉施設は、前年比2・3ポイント増の84・9%にとどまり、公共施設全体の90・9%と比較してもやや遅れている状況が続いており、その差はむしろ広がっている。
(出典:シルバー産業新聞)

新着ニュース

ページ上部へ